ウィリアム・モリス

Have nothing in your houses that you do not know
to be useful or believe to be beautiful.

1834年、ロンドンの郊外に生まれたウィリアム・モリス。「美しいと思わないものを家に置いてはならない」と語り、手仕事からうまれる自然に根ざした美しさを発表しつづけました。 草花や樹木をモチーフとしたファブリックや壁紙は、150年以上経ても世界中の人々から愛され続けています。 当店ではモリスシリーズを豊富に取り揃えております。ショップに是非お立ち寄りいただき、モリスの世界をどうぞご堪能ください。

施工例

デザイン・コーディネイトから取り付けまで!ほかにないオリジナルデザインの「オーダーカーテン」を、自社工場直販によりリーズナブルにご提案します。

William Morris

(1834~1896)

英国の思想家、詩人であり近代デザイン史上に大きな影響を与えたウィリアム・モリスがロンドン郊外の裕福なブルジョア家庭に生まれたのは、1834年のことでした。
幼い頃より中世のロマンスの世界に憧れ、自然に囲まれた大邸宅で過ごす中で、のびやかで牧歌的な感性が養われていきます。
やがて聖職者を志してオックスフォード大学に進みますが、当時の新進社会評論家ラスキンの著書に感銘を受け、ラファエル前派の芸術家(バーン・ジョーンズ、ロセッティら)と出会い、建築・美術・文学の世界にのめり込んでいきます。

多方面で精力的に活動し、それぞれの分野で大きな業績を挙げ、「モダンデザインの父」と呼ばれています。

1834年ロンドン・シティの証券仲買人の子として生まれた。父は投資で巨額の富を得たが、モリス13歳のときに死去。
聖職者になることを志し、オックスフォード大学に入学。ジョン・ラスキンの著書を愛読し、大きな影響を受けた。成年になり父の遺産を相続。友人エドワード・バーン=ジョーンズらとフランスに旅行し、芸術家を志望するようになった。
1856年建築家ストリートの事務所に入所、フィリップ・ウェッブと知り合う。事務所を辞めた後、インテリア装飾や詩集の自費出版などを行う。
1859年ジェーン・バーデンと結婚、翌年フィリップ・ウェッブ設計の新居・レッド・ハウス(赤い家、1860年)に移る。
1861年モリス・マーシャル・フォークナー商会を設立し、ステンドグラス、家具などを制作。
1865年ブルームズベリに移転。叙事詩「地上の楽園」を1861-1870年に完成させ、詩人としても名声を得た。
1871年ケルムスコットの邸宅を別荘として借りた。
1875年モリス・マーシャル・フォークナー商会を解散し、単独でモリス商会を設立。
1878年ハマースミスに転居し、別荘のあったケルムスコットに因んで「ケルムスコット・ハウス」と名付けた。
1883年民主連盟に参加し、マルクスの『資本論』を読んだ。
1885年社会主義同盟を結成。
1891年ケルムスコットプレスを設立、美しい装丁の書物を出版した(後に『チョーサー著作集』などを刊行)。
1892年テニスンが死去し、モリスは桂冠詩人に推薦されたが辞退した。
1896年病気のため死去。